本文へ移動

事業沿革

事業沿革

光洋グループ

昭和29年5月
東大阪市にて光洋化学工業所を創立。
工業用ゴム、シール、パッキングの製造販売を発足。
昭和34年5月
水道用バルブ、およびグランドパッキングを製造。油圧プレス機導入。
昭和36年10月
フッ素樹脂(四弗化エチレン樹脂)の工業用部品としての市場性を重視、素材製造と機械加工に着手。
昭和42年6月
工業用ゴム、空圧機器部品の製造、JIS規格Oリング金型全種製作、フッ素樹脂、ラム押出機導入。
昭和45年8月
法人設立、資本金600万円、社名を光洋化学株式会社に変更。
昭和48年11月
両部門共、工場新設のため東大阪市に移転。油空圧用フッ素樹脂バックアップリングの増産を始める。
昭和49年6月
資本金を1,200万円に増資。耐薬品性、耐摩耗性の特殊配合フッ素ゴム「ベアーモレーン」開発。
昭和50年3月
フッ素樹脂機械加工にNC旋盤導入。
昭和62年2月
工業ゴム、医薬、食品用、ダイヤフラム、サニタリー用、ヘルール、IDF、パッキン開発特許取得。
平成4年5月
八尾市に本社および工場を改築移転。
平成4年10月
半導体用ゴムパッキング「ベアーパーフロ」を製造開始。
平成9年9月
第一工場内にクリーンルーム増設。
平成10年2月
サニタリー用ヘルール、IDFパッキングのゴムとPPS.Peek樹脂の複合品を開発、特許出願中。
平成11年4月
耐薬品性エラストマー「ベアーセイバー」開発・発売。
平成11年6月
資本金を2,500万円に増資。
平成12年4月
シール関連製品で特許出願中。
平成12年8月
ホームページ開設。
平成13年8月
第二工場にクリーンルーム新設。
平成15年10月
三宅一次社長が会長就任。三宅一宏が社長就任。
平成15年11月
ISO9001認証を取得。
平成16年12月
ISO14001認証を取得。
平成17年4月
有限会社光洋テクニカを設立。
平成17年6月
第二工場クリーンルーム増設拡張。
平成19年3月
樹脂加工機、大型設備増設。
平成19年5月
株式会社光洋テクニカ商号変更。資本金3,000万円に増資。
平成19年8月
社団法人大阪府工業協会加入。
平成19年10月
第10回より関西機械要素技術展への出展を開始。
平成20年1月
大型特殊真空プレス2機増設。
平成22年11月
本社事務所リニューアル。
平成22年11月
第23回テクノメッセ東大阪2010出展。
平成24年6月
大学との産学連携として技術支援および共同開発
平成25年10月
ベアーパーフロ201、ベアーゼロ製造開始。
平成26年2月
オリジナル自動検査機を機械メーカーと共同開発
平成30年1月
日本弗素樹脂工業会より永年貢献に対して表彰
平成30年8月
バルブメーカー、原材料メーカーとの新製品開発
令和2年4月
油圧機器メーカーよりサプライヤー特別賞として表彰
令和3年2月
ホームページリニューアル
光洋化学株式会社
〒581-0815
大阪府八尾市宮町3-2-15
TEL.072-923-3555
FAX.072-923-3550

各種シール製品の設計・開発・販売
TOPへ戻る